土曜の午後のマーケティング相談会 詳しくはこちら

Google広告 運用代行– Google Ads –

Google広告 運用代行
はじめの一歩はGoogle広告で

Google広告

Google広告は、大きく分けて「検索広告」「ディスプレイ広告」「ショッピング広告」「動画広告」「アプリ広告」の、5つの配信方法があります。1つのプラットフォームであらゆる集客に対応できるため、一番最初に取り組む広告としてご案内しております。

検索広告は、明確に市場が確立している業種に向いていて、SEOでは上位を狙えない検索キーワードの効果を試したり、自然検索だけでは補いきれない訪問者を確保することができます。
ディスプレイ広告は、自発的に検索をしない幅広いユーザー層にもアプローチすることができ、潜在層への認知から顕在層に向けたクロージングまでを、Googleの広告ネットワーク上で完結させることもできます。

夜間・土日対応

日中はお忙しい経営者様でも落ち着いた時間にご相談いただけます。営業日を考慮してスケジュールを立てる心配はありません。

全国リモート対応

メールやチャットを中心に進行します。近郊エリアまたは大阪までお越しいただけるならば、対面での打ち合わせ等も可能です。

アカウント開示

運用状況は全て開示しております。各種アカウントの所有権もお渡ししているので、データを資産として残すことができます。

専任担当者

当社はひとりで経営しています。担当者の当たり外れを気にする事なく、経営者同士だから話せる事もあるかと思います。

Outline

餅は餅屋と言われる理由は?スマートアシストキャンペーン
だと…

Google広告は誰でもアカウントを作成することができ、自由に広告の配信を行うことができる運用型広告のサービスですが、Google広告を使いこなすには、管理画面の使い方はもちろんのこと、入札の仕組みや広告を表示させるための知識、配信を最適化したり効率よく作業を行うノウハウなど、様々なことを学ばなければなりません。広告戦略をうまく組むにはマーケティングのスキルやノウハウも必要です。

スマートアシストキャンペーンで始めてみたけど成果が安定しない、時間がなくて管理画面にログインすらしていない、気がついたら広告が不承認になって掲載がストップしている…といったご相談をよくいただきます。

ご自身で運用したいと思う方も多いですが、「餅は餅屋」と言われるように、代理店に任せるという選択肢を考えても良いかと思います。

広告運用の課題・問題を解決します。ご相談内容の参考事例

広告配信に必要な設定や、日々の改善は当然として行うのですが、広告側で見える「数字だけ」を追いかけていると、実際の成果とは相違が生じることもあります。
コンバージョン地点として設定した電話番号タップまでは到達しても着信まで繋がっていない、お問い合わせがあっても営業メールだったり、来店や商談まで至らないケースなども出てくるかと思います。

最近では、プライバシー保護の観点でトラッキング拒否の意識が広まっている影響もあり、「計測できない成果」の割合は増えていく傾向にあります。

差し支えない範囲で、売上や成果など実際の状況をご共有いただき、マーケティング戦略に反映させるような連携体制を築くことができればと考えています。

キャンペーンの再構築

Google広告のキャンペーン構築にはノウハウが必要で、キーワードのグルーピングを行い、キーワードに対する適切な広告文を設定しなければ、広告が表示されなかったりクリック単価が高くなってしまいます。

まずは運用状況を確認させていただき、ご予算に合わせて見込みの高いキーワードやオーディエンス設定を行い、キャンペーンの再構築を行います。

はじめてGoogle広告をご利用される場合は無理な予算消化は行わず、コンバージョンに繋がるランディングページなのかを見極め、最小限の費用で成果が出るキーワードや掲載先を探す流れをご提案します。

適切な入札戦略の選択

リスティング広告はキーワードごとに入札を行うものだと考える方も多くいますが、現在の仕組みではキーワードに対する単純な入札ではなく、ユーザーの質も含めたオーディエンスに対する入札単価を機械的に行う「自動入札」を利用する機会が増えてきました。

Googleは自動入札を推奨していますが、現行キャンペーンの入札設定を切り替えるだけでは、費用対効果が合わなくなってくることもあります。キャンペーンの組み方がより難しくなっているのが実情です。

コンバージョンの獲得ペースや予算規模を踏まえたキャンペーンの再構築を行い、より成果が上がる見込みがあれば、自動入札に切り替えたり、キーワードごとの入札でピンポイントに成果につながる部分を狙うなど、臨機応変に対応しております。

PDCAサイクルの短縮

キーワードの選定や広告のABテストについて、指示や確認の手間をいただく必要はありません。配信精度を上げるための除外設定や広告の変更は、常にデータと照らし合わせて改善を進めていきます。

難しい数字の意味を理解しなくても「コンバージョン単価と実際の反響」だけを意識していただき、月間単位など一定の期間で成果を照らし合わせていただければ、より精度の高い配信設定に近づけることができます。

ランディングページの作成

費用は別途ご相談いただく形にはなりますが、HTMLベースのシングルページのLPや、WordPressを利用した構築事例もございます。

広告の仕組みで入稿キーワードとランディングページと広告文の3点をマッチさせなければ、クリック単価を下げることができなかったり、閲覧したユーザーにも満足してもらうことはできません。そういった部分も含め、制作から改善までトータルで監修することも可能です。

既存のウェブサイトを利用する場合でも、広告掲載を継続する前提にはなりますが、部分的な修正など即時対応できる部分は追加の費用をいただくことはありません。ページの編集に不安があればお気軽にご相談ください。

不承認になった場合の対応

Googleの広告ポリシーは複雑で、時には意図せずに不承認の広告が発生することもあります。原因が明確な場合は該当のポリシーに沿うように修正して再入稿すれば解消されますが、審査システムの齟齬により不承認が解消されない場合でも、Googleとの交渉を行い広告を配信できる状態を保ちます。

新しくお取引をご検討の場合に、アカウントが強制停止になっている状態でも、広告ポリシーに違反するような事業でなければ、原因の調査やGoogleとの交渉を行い再開することもできます。

サービス概要Service

事業の目標に合わせたキャンペーン構成を組み立ててアカウント設計を行い、コンバージョンタグの設置など集計体制の構築を行います。広告の掲載に必要な準備から日々の調整や改善のための施策を全て行います。
初めて利用する場合でも、アカウントの開設からアクセス解析などの連携設定を全て行い、初期の入稿から効果改善を継続的に行いますので、広告運用の第一歩を体験していただければ幸いです。

アカウント設計

  • 広告文の作成
  • キーワードのグルーピング
  • オーディエンス設定
  • 適切な入札戦略の選択
  • 不承認になった広告の対応

集計体制の構築

  • コンバージョン設定
  • Googleアナリティクス連携
  • ヒートマップ分析
  • 配信状況の監視
  • 月次レポート

費用Cost

品目料金
初期費用29,800円(税抜)
月額費用19,800円(税抜)
手数料 *10%
掲載費用実費

*ご利用した広告費に対して10%の手数料となります。
※掲載費用はGoogleに直接お支払いください。

初期費用

Google広告をご利用したことがない場合は、アカウントの開設からホームページ側の分析体制の構築などを含めた手数料として、初期費用を設定しております。

すでにアカウントを開設済みの場合でも、過去の運用状況を遡って分析し、キャンペーンを再構築するための手数料として初期費用をいただいております。

月額費用

月間の広告費ご予算を10万円までの運用を想定して一律で月額費用を設定しております。
日々の確認業務や進捗のご連絡、入稿の調整などの手数料として割り当てられるものです。

手数料

ご利用になった広告費に対して10%の手数料を頂戴しております。
この手数料は運用するご予算の規模に応じて作業時間に直結するため、従量制の課金システムとさせていただいております。

広告費の目安

Google広告の予算は自由に決めることができます。極端な例ならば、1日 100円からでも始めることはできます。クリック単位で料金が発生する仕組みで、キーワードによって1クリックあたりの単価は数円〜数千円と大きく変わります。入札方法によっては意図した通りに予算を消化しないこともありますが、あらかじめ予算を立てておくことで月間の費用はある程度コントロールすることはできます。

例えば学習塾や美容院などの店舗を経営されていて、遠方からのお客様が少なく近隣のお客様が中心となる場合は、数万円程度のご予算でも十分な広告掲載を行うことができます。

遠方から来る観光客をターゲットにしていたり、駐車場があり市外や県外からの来客が見込める場合や、予算を追加して配信範囲を広げたり、ECサイトなど全国展開する場合は、販売する商品ごとにに予算を決めたりすることもあります。

お支払い方法

弊社の手数料は、請求書を発行し銀行振込でお支払いただいております。
原則として、初期費用に関しては「先払い」、月額の費用に関しては「月末締め、翌月末支払い」でお願いしております。

広告費はGoogleに直接お支払いください。

広告費のお支払い

実際にかかる広告費については、Googleに直接お支払いしていただきます。Google広告の管理画面から決済を行うことができ、決済クレジット カードまたはデビットカード、コンビニエンスストアでのお支払い、銀行振込やPay Easy(ペイジー)がご利用いただけます。

最低契約期間

ご契約期間の定めは設けておりませんが、「短期間で結果を出したい」と思う人ほどうまくいかないケースが多く、3ヶ月程度の期間を想定して広告予算を確保していただけると、安定した運用を目指すことができます。

季節や繁忙期の兼ね合いにより運用を一時停止したい場合でも、対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

運用状況の開示について

全てのお客様にアカウントの管理者権限をお渡しし、運用状況は全て開示しております。パソコンをお持ちでない場合でも、スマートフォンのアプリで運用状況を確認することができます。

当然のことながら第三者への開示は一切行いませんのでご安心ください。

レポートについて

「いくらの広告費でどれだけの成果に繋がったか」を重視しているので、必要最低限の指標をまとめたレポートを作成して報告いたします。

また、広告管理画面で見ることができるデータだけでは実際の反響と食い違うこともよくあるため、事業の状況を隠さずに社内の内部事情も含めてご相談いただけますと、より精度の高い広告配信を行うことができます。

管理画面の閲覧権限をお渡しするので、一般的な代理店が行う、ゼロばかりが並ぶ日次レポートや、1クリックしか発生していないキーワードを網羅した掲載結果のレポートなどを報告することはありません。

解約時のアカウント引き渡し

残念ながらご解約に至った場合でも、アカウントの設定状況はそのまま受け渡しを行います。解約後にご自身で継続して運用していただいても構いません。

対応可能な分野

検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、アプリ広告、などGoogle広告でご利用いただける全ての分野に対応可能です。

個人・法人を問わず、「コーポレートサイトのお問い合わせを増やしたい」「ネットショップの売り上げをアップしたい」「取り扱う製品やサービスの認知度を高めたい」など、どのようなご要望にもお答えいたします。

また、Google広告のガイドラインはもちろんのこと、景品表示法や薬事法、医療広告ガイドラインなど専門的な知識が必要な分野でも、広告運用のルールに従った範囲での掲載を行います。

医療関係や弁護士様などの専門性が高い分野に携わることが多いですが、市町村単位の地域住民をターゲットにした少額の広告運用から、ネットショップやアプリなど全国展開するものまで幅広く対応しております。

まずは無料で相談

ここまで辿り着いたのも
何かのご縁かと思いますので、
お気軽にご相談ください。

Outline
閉じる