MENU

アプリ広告 運用代行– Mobile app advertising –

iPhone向けiOSアプリやAndroidアプリの集客ならお任せください!配信済みのアプリと Webサイトがあれば、運用型広告を駆使してプロモーションをトータルでサポートいたします。複数の広告プラットフォームに対応できるので、あらゆるアプローチを組み立てることが可能です。

AppleのApp Store内や、GoogleのPlayストア内に掲載される広告をはじめ、Google広告で他社のアプリ内からの集客動線を作ったり、ディスプレイ広告で様々なサイトにバナー広告を掲載、市場のあるジャンルであれば検索広告を活用することもできます。また、Facebook・Instagram・TwitterなどのSNSに広告を掲載することも可能です。

ご希望によっては別途お見積もりとなりますがランディングページの作成から行います。その場合は広告流入からストアへの誘導率を最大限に高めることが可能です。すでにウェブサイトをお持ちの場合でも、実績を元に改善のご相談を承っております。

戦略Strategy

開発・集客・運用のあらゆる面の知識を幅広く持っているので、ご共有いただけるデータによっては様々な戦略を組み立てることが可能です。

インストール広告

アプリのインストール数を増やす目的ならば、App Store内に掲載する「Search Ads Basic」や、Google広告で利用できる「ユニバーサルアプリキャンペーン」を利用すると、Play Store内に広告を掲載することができます。
広告アカウントを開設して、月の予算と目標インストール単価を設定するだけで利用することができ、年齢や性別を問わず、幅広い層にアプローチするならば、運用しやすい広告です。
インストール単価は100〜300円くらいが目安となります。インストール後のユーザーの動きも見た上で、他の広告との予算バランスを取ると、効果的な運用を行えます。

ターゲティング広告

アプリの利用者層に偏りがあったり、意図的にユーザーを集めたい場合は、ターゲットを定めた広告配信が必要になります。
Google広告、Facebook広告、Twitter広告、Search Ads Advance、などセルフサービス型の広告を利用すると、ご自身で決めた予算の範囲で広告運用を行うことができます。
各管理画面の使い方や、効果的な配信設定を行うには知識だけでなく、運用面の知識も必要になってくるので、単純に配信設定を行うだけでなく、現状に合わせた広告戦略をご相談いただけます。

リテンション施策

ウェブサイトには訪れたけどインストールしなかった人に訴求したり、アプリを一度インストールしてすぐに削除した人に再インストールを促す手法も必要になります。
また、アプリを利用している人に対してアプリ外で告知を行うようなアプローチをとることも可能です。
ターゲットリストの作成には解析システムの調整が必要になってくるので、開発者様と連携して進める必要があります。

費用Cost

品目料金
初期費用59,800円(税抜)
月額費用29,800円(税抜)
手数料10%
掲載費用実費
※広告費は各サービスに直接お支払いください。

ご相談の流れFlow

STEP
ヒアリング・事前審査

お問い合わせフォームから必ず「ウェブサイトのURL」を添えてご相談ください。
アプリの内容を拝見し、広告掲載を継続して行えるか事前審査いたします。

STEP
ご契約内容のご確認

ご不明な点を明確にし、料金体系にご同意いただけるのであれば、初期費用の請求書を発行いたします。
同時に運用に必要な各種アカウント情報の共有についてご案内いたします。

STEP
アカウント構築

アカウントの状態を確認し、過去実績を調査して集客体制の構築を行います。
最短なら数日で広告配信を開始することができます。